病院紹介

私たちは「はい」のプロフェッショナルです。
~ 肺・ハイ!・High ~

お約束理念と行動指針当院概要沿革
ご挨拶特別会員当院紹介対外活動

当院のお約束

当院の理念と行動指針

理念
私たちは患者さんの満足度を高め、患者さんを第一に考え、患者さんに安全な医療を提供できるように努力します。
行動指針
1)患者さんにとって話しやすく、また、分かりやすく説明します。
2)当院では”患者様”と呼ばず、”患者さん”とお呼びしています。それは言葉より”心”だからと考えているからです。
3)私たちは患者さんの症状をよく聴き、聴き上手で有りたいと思っています。それは、聴くことも治療のひとつと考えているからです。
4)私たちは患者さんに、明るく元気に挨拶を交わします。それは挨拶ひとつで人間性は分かると言われているからです。そして、医療は人間が人間を診断し、治療するからです。
5)私たちは患者さんに対して、良き医療人である前に良き人間でありたいと思っています。
6)私たちは職員同士仲良く、尊敬しあい、気楽に挨拶を交わし、チームワーク良く報告連絡いたします。
7)当院はアットホームな雰囲気を大切にした病院でありたいと思います。

当院の概要

名称 医療法人 達磨会 井上病院
住所 広島県福山市東深津町3丁目23-46
理事長・院長 井上文之
副院長 森 雅信
岡林孝弘
診療部長 高橋正彦
手術部長 西川敏雄
職員数 72名
開院 2002年7月
診療科 呼吸器外科、呼吸器内科、消化器外科、消化器内科、外科、内科、放射線科、リハビリテーション科
認定施設 日本呼吸器外科専門医制度関連施設
日本呼吸器内視鏡学会関連認定施設
日本外科学会外科専門医制度関連施設
許可病床 38床

充実した診療体制

常勤医師 5名  
非常勤医師 10名  
薬剤師 5名  
看護師・看護助手 36名  
放射線技師 1名  
社会福祉士・理学療法士 3名  
管理栄養士・栄養士 3名  
事務・クラーク 16名  
その他 3名  


当院の沿革

  • 2002年7月:現在地に井上クリニックとして、19床の有床診療所を開院。
  • 2006年:全身麻酔手術を年間80例施行。
  • 2007年年4月:西川敏雄手術部長が赴任。医師3人体制になる。
  • 2008年年2月:クリニック北側に新棟を増築。
  • 2008年6月:日本呼吸器外科学会専門医制度における関連施設になる。有床診療所でこの関連施設になったのは、当時全国で当院のみ。
  • 2008年9月:井上クリニックから38床の井上病院となる。
  • 2008年9月:森雅信副院長、上川康明外科部長が赴任。
  • 2008年12月:電子カルテを導入。
  • 2013年4月:高橋正彦診療部長が赴任。
  • 2014年4月:医療法人達磨会 井上病院となる。
  • 2015年7月:開院以来の全身麻酔手術が1000例に達する。
  • 2016年11月:岡林孝弘副院長が赴任。

院長ご挨拶

  • 当院の正式名称は「医療法人達磨会 井上病院」です。達磨会 (だるまかい)という名には二つの意味が込められています。
  • そのうちのひとつは、七転八起 (ななころびやおき)。絶対に倒れず、何度転んでもすぐ起き上がる達磨に由来しています。
  • もう一つには、タネ屋(種苗店)であった父の屋号 「ダルマ農園」に由来するものです。長男としてタネ屋を継ぐことはできませんでしたが、せめて父の屋号であるダルマを引き継ぐこととしました。
  • 様々な困難が起きたとしても、患者さんのため地域のため、職員一丸となって常に立ち上がり、支えていこうと決意しております。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。
  • 井上病院 院長 井上文之

井上院長が日本呼吸器外科学会 特別会員に推戴されました

  • 大阪国際会議場にて日本呼吸器外科学会の評議会があり、呼吸器外科学研究の進歩に多大な貢献をしたとの理由で、会長より特別会員の推戴状を頂戴いたしました。(2019年5月15日)

医療関係者向け情報誌に当院の取材記事が掲載されました

  • 大塚製薬の医療関係者向け情報誌「大塚薬報」2020年3月号に、当院を取材した記事が掲載されました。記事の内容をPDFでご覧頂けます(下右画像クリック。B5版5ページ)
大塚薬報2020年3月号井上病院

当院が詳しく紹介されている書籍

呼吸器疾患診療の最先端」単行本 
呼吸器内科・外科の最新のトピックスを網羅し、全国の医療施設も掲載されています。広島県では、当院、広島赤十字原爆病院呼吸器内科、広島大学病院呼吸器内科、尾道市立病院呼吸器科、県立広島病院呼吸器内科が詳しく紹介されています。(発行:先端医療技術研究所)
決定版 迷ったときの医者選び 広島」単行本
「医師本人やその家族が病気になったときに、かかりたい医師」という観点で選んだ、広島県内の信頼できる専門医や開業医が診療科別に掲載されています。「がん>肺がん」の科目で、当院の井上院長が紹介されています。(編:医療評価ガイド編集部)
迷ったときのかかりつけ医--福山・尾道・府中他編」単行本 
総合病院の専門医たちが推薦する備後地区の各科のかかりつけ医が掲載されています。専門医が選んだ38施設の中に、当院の「呼吸器外科・呼吸器内科」が紹介されています。(編: 医療評価ガイド編集部)

当院の対外活動

院長の医療広報活動
テレビ・ラジオの医療系番組に、当院の井上院長が出演し、専門分野の呼吸器疾患(肺がん・かぜ症候群)の予防や治療ついてわかりやすく解説しています。詳しくは
井上病院 地域医療連携室
当院は地域医療連携室が窓口となって、地域の医療機関と連携し、役割分担しながら継続して医療・介護を提供できるようにサポートします。詳しくは
井上病院の広報誌「はいのたね」
「はいのたね」は当院の患者さまに向けた手作り広報誌です。地域医療連携室より年4回発行しています。詳しくは
連携介護施設「特別養護老人ホーム 手城福助苑」
2015年10月1日より、当院の井上院長は特養 手城福助苑を運営する社会福祉法人三葉会の理事長に就任しています。併せて当院は「特養 手城福助苑」の嘱託医にもなっています。詳しくは